5分で読める留学と海外のあれこれ

1記事約5分!留学の本音、外国人や世界に関する情報を紹介!

留学の本音・実態

英語スキル上達のために語学学校に通う必要は本当にあるの!?

投稿日:2017年10月23日 更新日:

 

 

英語のスキル(特にコミュニケーション)

を向上させることが目的の場合、

留学して語学学校に通うことは

本当に必要なのでしょうか?

 

 

疑問に思う人もいるかもしれません。

 

 

語学学校に通うくらいなら、

ハイレベルではあるが、大学で何か専門的なことを

英語で学ぶほうがいいのではないか。

 

 

もしくは、学校など行かなくても

自分で勉強したり、外人と話す機会を

設ければ良いのではないか。

 

 

様々な意見があると思います。

 

 

今回は語学学校に通う必要性の有無と

その理由について解説していきたいと思います。

 

この記事を読むのにかかる時間:6分

目次

  • 語学学校に通う意味はあるの?
  • 語学学校に通ううえで気を付けなければならないこと
  • まとめ

 

語学学校に通う意味はあるの?

 

英語のスキルを上げるために

留学して語学学校に行く意味はあるのか。

 

 

まず、留学に行くということは

スピーキングを中心とした英語での

コミュニケーション能力を特に

向上させたいということになります。

 

 

ライティング、リーディング、リスニング

なら日本でも学習できますからね。

 

 

結論を言いましょう。

 

 

外人とはほとんど会話したことがないし、できない人。

外人との会話経験はあるがまだまだ自信がない、実力不足だと感じる人。

 

 

こういう人たちにとって語学学校に行く意味は

めちゃくちゃあります!!

 

 

 

必要のないであろう人達については

違う記事で書きたいと思います。

 

 

さて、留学の目的である英語のコミュニケーション力の向上、

つまり、リスニング、スピーキング、この2つの

スキルを上げるのには、実際に対人で会話することは

欠かしてはならない要素です。

 

 

学校に行かないと、外国人と英語でしっかりと

会話をする機会を作ることって意外と難しいのです。

 

 

そういう場を見つけるというのも難しいし、

その人に魅力がない限り、英語力のない日本人とわざわざ

話したいと思う人もなかなかいませんからね。

 

 

語学学校の授業には実際に生徒同士で

会話する時間が強制的に設けられますので、

いい環境といえるでしょう。

 

 

また、授業では文法なども学ぶことになりますが、

日本の文法書に乗ってないネイティブの

ニュアンスの違いなども教えてくれます。

 

 

そして、語学学校に通うもう一つの大きなメリットとして、

友達を作れるという点が挙げられます。

 

 

外人の友達を作ることは留学生活において

大事な要素の一つです。

 

 

他国の人と友達になる、今まで知らなかった

カルチャーに触れる、これらの経験は自分の

視野を広げてくれるでしょう。

 

 

また、友達との会話で新しい英語の表現

を覚えたり、親しい仲の人との会話でしか

使えないようなスラング表現だったりを

使う機会としても必要なのです。

 

 

 

語学学校に通ううえでえ気を付けなければならないこと

 

語学学校が自分の英語力を伸ばすのに

効果的な場所になり得るのは本当です。

 

 

ですが、その上で注意点が2つあります。

 

 

➀長期間通うのはおすすめしない

 

3か月で十分。

長くても6か月で十分でしょう。

 

 

なぜかというと、環境がぬるいからです。

長期間通っている人で英語力の伸びが

停滞している人を何人も見てきました。

 

 

先生と周りの生徒のレベルという

2つの観点からみていきます。

 

 

まず、先生は英語を教えてきて長年のプロなので

大した英語力がなくても助けてくれます。

 

 

例えば自分が何かを話す時、

言葉が詰まってしまったら

先生がすかさず助けてくれます。

 

 

自分が最後まで話し終わる前に

手助けが入るのでとても楽な環境。

 

 

つまり、自分のためにはなりませんよね。

 

 

そして次に、周りの生徒の英語レベルが

そこまで高くない人が多いのが事実です。

 

 

語学学校内では問題なくコミュニケーションできても、

大学にいる生徒やネイティブスピーカーとは

まだまだ十分に会話できないこともあります。

 

 

自分も3か月間語学学校に通っていました。

途中から英語力が伸びたのをとても実感していて、

ほぼ不自由なく会話ができるとまで思っていました。

 

 

しかし、その3か月が終わった後、

大学に通い始めたのですが

そこで、まだまだ自分の英語力は未熟なのだと実感しました。

 

 

語学学校では不自由なく英語が話せても

それが、ネイティブスピーカーやビジネスの場で通じるとは限らないのです。

 

 

②日本人ばかりとつるむ

 

当たり前かもしれませんし、耳にタコができるほど

言い聞かされているかもしれません。

 

 

しかし、実際にこういう人は多いのです。

 

 

「日本人とはあまりつるまないようにしよう」と、

最初は思っていても、実際に留学すると

慣れない英語でのコミュニケーションに疲れるなどの理由で

気づいたら日本人とばかり一緒にいる、、

なんて人が多いのです。

 

 

語学学校は日本人生徒がたくさんいる場所が多いです。

自分の英語の成長の妨げとなる1番の理由はこの

日本人とばかりつるんでしまう現象でしょう。

 

 

ある程度、他の日本人と仲良くするのもいいですが、

強い意志を持って自分を英語環境に置くことを意識しましょう!

 

 

 

まとめ

 

 

英語力に自信のない人が

語学学校に通うのは効果的でしょう。

 

 

英語力向上に必須な会話をする

機会がたくさんありますし、

日本の学校では学ばなかった

ネイティブ独特の表現を学べる。

 

そして、友達作りにも良い環境えます。

 

 

しかし、長期の滞在は英語力の

停滞を招く可能性が高いです。

 

 

大学など、もっと周りの生徒のレベルが高い

厳しい環境に身を置くのがベストでしょう。

 

 

 

 

-留学の本音・実態

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【必見】語学学校には日本人が多い?人種の割合ランキング!

    英語を学ぶために語学学校に 来ている人たちはどこの国 出身の人が多いのでしょうか?     気になる人はとても多いのではないでしょうか。   …

海外に持って行くならコレ!最強のクレジットカード!

  海外旅行や留学、海外に滞在するならどんな状況でも クレジットカードを持って行くことが必要です。 (これに関しては他の記事で理由を話します。)     しかし、実際にク …

バンクーバーは楽しい街!イベントがたくさん!

    バンクーバーに留学して気づいたのが、 町を挙げてのイベントが多いことと、 地域のコミュニティー活動が活発なことです。     日本でも、もちろんイベント …

留学生のシェアハウスの決め方と注意点

    海外で留学生活を送る人は基本的に ホームステイ シェアハウス 学校の寮 この3つのどれかを住まいとする人がほとんどです。     アパートを借りて一人で …

みんな知らない!?留学に持って行くと意外に便利なもの5選!

  留学に持って行くものはいろいろありますよね。 留学エージェントを使っている人は留学前準備セミナーなどで パスポートなどの基本的なものから洗濯ネットなどの日用品まで 様々なものを持って行け …

筑波大学在学中の大学生。カナダのバンクーバーで9か月間の留学を経験。多くの日本人留学生、様々な国の人と接する中で感じたこと、気づいたことを日々執筆中。

・留学の本音、実態

・外国人や海外に関するネタ

主にこの2つの内容を中心としたサイトです。