5分で読める留学と海外のあれこれ

1記事約5分!留学の本音、外国人や世界に関する情報を紹介!

留学の本音・実態

語学学校のクラス分けテストの内容と難易度は?対策法はある?

投稿日:2018年3月14日 更新日:

 

 

語学学校に入学する際に必ず行うことは

クラス分けのためのレベルチェックテストです。

このテストの結果によって今後所属するクラスが変わってきます。

 

 

自分よりも少し高いレベルのクラスに入り、

自分を追い込む方が英会話の成長は早くなってきますし、

低いクラスに入ってしまうと日本人だらけなんてこともあります。

 

 

ということで、この語学学校初日のテストはとても重要なのです。

 

初日のテストの重要性に関しては下の記事も参考にしてください。

語学学校の初日は何をする?初日のテストが重要!?

 

 

では、実際にこのテストはどんな形式なのか、

また、どんなことが出題されるか気になりますよね。

 

 

あらかじめ対策を立てて、いいスタートダッシュを切りましょう!

 

この記事を読むのにかかる時間:

目次

  • テストの内容と難易度は?
  • 対策方法!
  • まとめ

 

テストの内容と難易度は?

 

では、実際のテスト内容はどんなものなのでしょうか。

 

 

これは学校によってまちまちですが、

基本的にはペーパーテストとスピーキングテストでしょう。

 

これらを具体的に見ていきます。

 

 

  • ペーパーテスト(Web上で行うこともある)

 

文法問題や英文読解問題が基本です。

中にはライティングが必要な学校もあります。

 

 

難易度は大学入試センター試験の問題と同じレベル

もしくはそれより簡単なレベルです。

 

 

  • スピーキングテスト

 

先生と対面で話し合います。

先生1人に対して生徒数人という形が一般的でしょう。

入学者数が少ない学校では1対1ということもあるかもしれません。

 

 

では、どんな内容のことが聞かれるのでしょうか。

 

 

自分の国や文化についての説明

英語を勉強する理由

留学の目的

 

これらの内容を聞かれることが多いそうです。

これらのテーマはライティングのテストでも聞かれることがあります。

 

 

ちなみに、私が実際に受けたスピーキングテストは

先生1人に対して生徒3人の集団面接のようなもので、

先生が生徒一人ずつに質問をしていく形でした。

 

私は1番最後の人で、会話はこんな感じでした。

 

先生:「日本のどこ出身なの?」

「東京出身です!」:

先生:「そうか、日本では何をしていたんだ?」

「大学で経済学を学んでいました。」:

先生:「ほう、そうなのね。はい、終了!」

(まじか、もう終わりだってよ、ラッキー♪(笑)):

先生:「君たち3人ともスピーキングうまいよ!上級レベルだ!」

(うひょ~、ちょろい!ラッキー!):私

*()内は私の心の声

 

3人ともこの程度の質問しかされてないのに

まさか上級レベルだと言われるとは思いませんでしたね(笑)

 

 

このテストではおそらく、生徒たちが自信をもって話せるか、

英会話に慣れているのかというのを見るものだったのでしょう。

それにしても緩かったです(笑)

 

 

ペーパテストの点が良かったのもあってか、

5段階あるクラスのうち、上から2番目のクラスに入ることができました。

 

 

 

対策方法!

 

  • ぺーパーテスト

英文読解や文法問題に必要なのは基本的な英語の知識や読解力です。

これらは英語の基礎であり勉強法は様々です。

ネットや書店に行けば様々な方法を見つけることができます。

ということで、ここでは省きます。

 

 

  • スピーキング・ライティング

聞かれるテーマはさっきも上げた通り、

「自分の国や文化についての説明」「英語を勉強する理由」「留学の目的」

の3つが多いです。

 

 

これらのテーマについてはあらかじめ

スラスラと話せる、書けるレベルまでにしておいたほうが良いでしょう。

 

 

これらを対策しておけば、本番では難しい質問をされることはないはず!

リラックスして自然に話しましょう!

 

 

 

まとめ

 

 

語学学校のクラス分けテストの内容は、

文法、読解、ライティングなどの問題が出題されるペーパーテストと、

先生と面接をするスピーキングテストの2つです。

 

 

ライティングの問題やスピーキングテストで聞かれるテーマは

「自分の国や文化についての説明」「英語を勉強する理由」「留学の目的」

の3つであること多いです。

 

 

テスト対策としても自分のためにも

留学の目的・英語を学ぶ目的をはっきりさせ、

ライティング・スピーキングできるようにしておきたいですね。

そして自国の文化についてもある程度知っておき、

英語で話せるようにしておくと良いでしょう。

 

 

 

 

-留学の本音・実態

執筆者:


  1. […] 「語学学校のクラス分けテストの内容と難易度は?対策法はある?」 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

みんな知らない!?留学に持って行くと意外に便利なもの5選!

  留学に持って行くものはいろいろありますよね。 留学エージェントを使っている人は留学前準備セミナーなどで パスポートなどの基本的なものから洗濯ネットなどの日用品まで 様々なものを持って行け …

期待しすぎに注意!ホームステイの実態

    多くの留学生が経験するであろうホームステイでの生活。 とてもフレンドリーなホームステイ先の家族と毎日食事を囲み、 休みの日には一緒に出かけるなどして楽しい生活をしたい! & …

海外でどうやってスマホ・携帯を使う?おすすめの方法!

  「スマホ・携帯電話をどうやって海外で使用するか?」 留学・海外渡航するにあたって悩む問題の1つですよね。     いま日本で使っているものを海外に持って行って 使うの …

海外で使うお金はこれ1枚で完璧!マネパカード!

  まず、こちらの「お得に海外にお金を持って行く方法」 のページを読んでいない方は先に読んでもらいたいです。     そこで紹介した通り、アメリカ、EU圏、イギリス、 オ …

アモイ航空のレビュー

  格安航空券サイトで探しているとたまに見かけるアモイ(厦門、Xiamen)航空。 あまり聞いたことのない中国の航空会社ということで、 不安に思う方もいるかもしれません。   &n …

筑波大学在学中の大学生。カナダのバンクーバーで9か月間の留学を経験。多くの日本人留学生、様々な国の人と接する中で感じたこと、気づいたことを日々執筆中。

・留学の本音、実態

・外国人や海外に関するネタ

主にこの2つの内容を中心としたサイトです。