5分で読める留学と海外のあれこれ

1記事約5分!留学の本音、外国人や世界に関する情報を紹介!

外国人や海外に関するネタ

海外旅行先での詐欺に注意!タイのバンコクでぼったくられたお話

投稿日:

 

いやー、いっぱい食わされました。

 

「日本人は海外旅行先でよく騙される

というのは聞いたことがあるけどまあ、

俺はある程度体もデカいしヒゲも生えてるから

舐められないだろうし、問題ないだろ!」

って思っていたんですよね。

 

しかし、見事にやられました(笑)

 

ということで、今回はタイで私が実際に被害に会った

「ぼったくりエピソード」をシェアして行きます。

 

また、こういった被害を避けるための

解決法も考えてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

高額!オンボロボートで行く40分のクルーズ旅

 

友達とタイ旅行に行ったときのお話で、

事件は最終日のバンコクで起きました。

 

日本へは夜のフライトで帰る予定だったので、

それまでの時間でバンコクを観光をしよう

ということになり、ふらっと市街に繰り出しました。

 

「バンコク 観光」をキーワードにして

ネットで検索するとだいたい

「ワットッポー」と呼ばれる

寝そべった大仏がいる寺が

観光スポット1位で出てくるので

「じゃあ、とりあえずそこに行こう!」

ということになりました。

ワットポー

 

そこへは駅から歩ける距離にないので、

”タクシー”か”トゥクトゥク”を使おうと探していたところ

50代くらいの現地のおじさんに話しかけられました。

 

おじさん:「よう、君たちどこ行くの?」

 

:「ワットッポー行きたいねん」

 

おじさん:「今日はタイのプリンスデーだから

ワットポーは15時からしかやってないで」

(その時は12時頃)

:「まじ?じゃあそれまで違う観光スポットで

時間潰したいわ、どっかオススメある?」

 

おじさん:「なら、ワットアルンに行きつつ水上マーケットを

船で回って時間をつぶすのがオススメやで」

 

と地図を開きながら、

市街地から船で渡る必要のある

観光スポットをおススメしてきました。

市街地から川を渡っていく必要がある「ワットアルン」

写真の引用:http://monmon-frends.blogspot.com/2013/06/blog-post.html

 

その「ワットアルン」という場所もかなり有名で

行きたい場所の候補にあった場所だったので、

 

:「お、いいね!水上マーケットは興味ないから行かなくていいけど、

ワットアルンは行きたいわ!船はどこで乗れるん?」

 

と返すと、地図を使って

 

おじさん:「ふつうはA地点で乗るんだけど、そこだと

値段が3000バーツくらい(約1万円)で結構高いから

こっちのほうがいいぞ」

と言ってB地点をおススメしてきました。

 

おじさん:「ここで乗って水上マーケット回ってから

ワットアルンに行ってそのあとワットポーの近くに

下ろしてあげるよと言われました」

 

:「お、それ全部含まれてるの?よさそうじゃん!」

 

おじさん:「じゃあ、このトゥクトゥク乗ってけや!

安くしたるでーMy friend!

 

:「おお!なんかいろいろありがとね!」

 

という流れでそのトゥクトゥクに乗って

言われた場所まで行きました。

 

心の中では私は

「うわー、このオヤジめっちゃええやつやん!

お得な情報を教えてくれたついでに移動代に割引までしてくれたぜ」

と思っていました(笑)

 

まさか、この時点でぼったくりの被害に

会うとは思っていませんでした。

 

なぜ、自分が小学生のようにこんなに純粋だったかは

今でもわかりません(笑)

 

さて、移動が終わるとツアー案内所のような

場所のカウンターに案内されました。

 

ここで私は「ん?ツアーなのか!?」

と少し違和感を感じましが、

「まあ、今からまた移動するのも

めんどくさいから別にいいかー」

と思ったのでそこで済ませることに決めました。

 

その後の流れは以下の通りです。

:「いくらですか?」

 

受付のおばちゃん:「2人で3000バーツ(約1万円)やで」

 

私(心の声):(ん?なんか高くね?)

:「え、ちょっと高くないっすか?」

 

受付のおばちゃん:「分かった、じゃ2800バーツでいいよ」

 

となりました。

 

私(心の声):(まあ3か所回れるならこの値段でもいいか)

:「おっけー」

と言いつつさっきおじさんから受けた説明通り、

 

:「本当に3か所全部含まれているんだよね?」

と確認すると

 

受付のおばちゃん:「そうやでえええ!」

 

「ならいっか」と思いお金を払い、船に乗り込みました。

↑船で周遊中の写真

 

船は木でできた小さいもので、

乗客は私と友達の2人だけでした。

 

船の操縦士はヨボヨボの爺で、

こいつがとても厄介でした。

 

この爺の話す英語がなまりすぎていて

理解不能だったので、この後問題が起きます。

 

ちなみに、水上マーケットに関してですが、

現地人の乗った船がビールを押し売りに来ただけで、

想像していたものと全く違いました。

 

水上に市場のようなものが広がっていて

華やかな場所をイメージしていたのですが、

川の上に民家があるだけの殺風景な40分の周遊でした(笑)

 

さて、この水上マーケット(もどき)

の周遊も終わりに差し掛かったころ、

このおじさんが話しかけてきました。

 

ヨボヨボの爺:「Hey, Hey $%$$%@#@%$^$@」

 

:「え?この後、向う岸に船をつけてワットアルン

行ってる間待っててくれるんでしょ?」

とその方向を指差しながらいうと、

 

ヨボヨボの爺:「No, No」

ヨボヨボの爺:「#%$@%^出発地点と同じ側の岸に降ろすぞ#%&&#&」

 

ということを言ってきました。

 

「それは話が違うやん!」

と私も必死になって説明したのですが、

理解していないのか、最終的に爺が逆ギレしてきました。

 

ヨボヨボの爺:「向こう岸に下ろしてもいいけどその後は知らんぞ!」

 

私(心の声):(まじかよこいつ!!

でも、帰りの船を違う場所見つけるのは

めんどくさいな..仕方がない、妥協するか)

 

:「じゃあええわ、もうそっちに下ろしてくれ」

 

ということで、結局ワットアルンは行けず、

ツアーはそこで終わりました。

 

殺風景で汚い川の上を小一時間回っただけで

約1万円のお支払いということになり、

ここでやっと「あー、これは俺らボラれたな」と確信しました。

 

後から調べてわかったのですが、

ワットアランに行くために

向う岸に渡るだけなら

なんとったたの4バーツ(約15円)

で行けたらしいです(笑)

 

 

詐欺師再び!?新たなぼったくり野郎の登場

話はまだ終わりません!

 

「あー、ヤラレター」と嘆きながら、

船から降りてふと思ったことがあります。

 

「一番の目的地であった”ワットポー”は

今日の15時からしかやっていないと言っていたが、

それすらも嘘で、通常営業しているんじゃないか?」

 

その時まだ14時頃でしたが、歩いて15分くらいの

ところにあったので、行ってみることにしました。

 

その道の途中でまた別の現地人のおじさんに話しかけられました。

 

おじさん2:「いい天気だねえ!

今日の夜花火やるんだけど知ってる?」

 

:「えー、知らなかった!でも今日の夜には

日本に帰らないといけないから見れないなー」

 

おじさん2:「そうなの!残念!今何してるの?」

 

:「今はワットポーに向かってるんだ」

 

おじさん2:「え、今日プリンスデーなの知らないの?

ワットポーは一日中やってないよ?」

 

「まじで言ってるの?」

 

おじさん2:「まじよ!大体の観光スポットが

今日はクローズしているんだけど、3箇所だけ

やってるところあるからそっちに行ったほうがいいよ!」

 

と言いながら、地図を取り出してその場所を教えてもらうと、

そこからかなり距離のある場所でした。

「ちょっと遠いからトゥクトゥクを使っていくといいよー」

と言って道を走っていたトゥクトゥクを止めました。

 

最初から怪しいなと思っていましたし、

流石に2回も引っかかるつもりもないので

「いや、とりあえずワットポーにいくから大丈夫だ」

と伝え、そのままその場を立ち去りました。

 

おじさん2は軽く怒鳴りながら「ワットポーはやってねーぞ!」

としつこく追いかけて来ましたが、そこはもう無視しました。

 

 

なんやかんやで、ついにワットポーに到着したのですが、

なんとなんと!!

何事もなく通常営業していました(笑)

 

思わず、心の中で

「ぜんっぜん通常営業してるやーん!」

とツッコミを入れていました(笑)

 

 

これってぼったくり?判断基準と防止方法

 

こんな感じで、バンコク市街に数時間居ただけで、

2回もぼったくりおじさんにあったわけです。

 

皆さんにはこのような経験をしてもらいたくないので、

ぼったくりかどうか見分ける判断方法や対策方法を

可能な限りお伝えしたいと思います。

 

 

対策方法

  • プラン・目的地までの行き方を事前に調べておく

 

これをしておけば、例えボッタクリオヤジに話かられても

聞く耳を持たないでおくことが可能でしょう。

 

ノープランも一つの旅の醍醐味かも知れませんが、

今回の私のようにボッタクリの被害に合う確率が

上がるので未然に防ぐという意味で、

下調べをしておくのが一番いいと思います。

 

海外に慣れてなかったり、自分達だけで行動するのに

不安がある人はツアーを使うのも一つの手です。

 

 

・判断方法

 

まず、現地人から話しかけてくる場合は

そもそも疑っておいたほうがいいです。

 

現地の人とお話をするなど、交流することは

旅の最も面白い部分の一つだと私は思います。

 

なので必ずしも、無視しろとは言いません。

 

金銭に関わる話をしてくる場合には

気をつけたほうがいいということです。

 

 

まとめ

 

それにしても、今回の話で驚いたのは、

全く別の場所で会ったおじさんたちが

「プリンスデー」

という全く同じ嘘をついていたということです。

 

タイ王国の国王?の誕生日なのでしょうか、

そもそもそんな祝日が存在するのかもわかりません。

 

観光客をだますときに使う常套句の可能性もあります、

バンコクでこのワードを聞いたら

気を付けたほうがいいかもしれません。

 

さて、盛大に騙された私ですが、

まあ、これも一つの経験だということで、

後悔はしていません。

 

私個人的にはツアーはあまり好きではなく、

ノープランで、行き当たりばったりの旅が

好きなタイプです。

 

ただ、安全面を考えるなら

行き先やそこへの行き方まで予定を立てた方が

良いのは間違いありません。

 

そして、ぼったくりかどうかを判断する方法としては、

現地人が金銭に関係のある話をして来たら、

疑った方がいいでしょう。

 

 

 

 

-外国人や海外に関するネタ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

白人女性は日本人男性が嫌い!?

  「白人女性と仲良くなりたい!」 「白人女性と付き合いたい!」 と、思ったことのある男性は多いのではないでしょうか?     今日はそんな方たちにとっては少し残念な内容 …

メキシコでTinder使ってみた!ラテンガールはどうやって口説き落とす?実際の会話例あり!

  海外に行ったときに、 「現地の女性と仲良くなりたい!」 と思っている方もいるでしょう。   自分もその一人です(笑)   その方法として、 バーやクラブに行くことはも …

海外では新年の夜にキスをするという慣習は本当⁉

    年越しのカウントダウン後、 新年になった瞬間キスをする。     外国のドラマや映画などで、そういった光景を 見たことある人も多いと思います。 ロマンチ …

日本人の嫌なところ⁉外国人の理解できない日本人の特長

    私のフランス人の友達がある日本人に対し、 いくつかの愚痴を言っていました。     それを聞いていて、 「あー、確かにそういった特徴の人は日本人に少なく …

「1人で」「家でできる」英語のスピーキング・英会話上達の最強練習法!

  「英語ペラペラになりたい!」 「英会話がスラスラできるようになりたい!」   この記事はそんな方たちのために向けたものです。   「やっぱり、実際に外国の方と 会話し …

筑波大学在学中の大学生。カナダのバンクーバーで9か月間の留学を経験。多くの日本人留学生、様々な国の人と接する中で感じたこと、気づいたことを日々執筆中。

・留学の本音、実態

・外国人や海外に関するネタ

主にこの2つの内容を中心としたサイトです。