5分で読める留学と海外のあれこれ

1記事約5分!留学の本音、外国人や世界に関する情報を紹介!

留学の本音・実態

海外で使うお金はこれ1枚で完璧!マネパカード!

投稿日:2018年8月15日 更新日:

 

まず、こちらの「お得に海外にお金を持って行く方法」

のページを読んでいない方は先に読んでもらいたいです。

 

 

そこで紹介した通り、アメリカ、EU圏、イギリス、

オーストラリア、香港に行かれる方はこのページで紹介する

マネパカードを作るだけでお金に関する準備はほぼ完了です!

 

 

それ以外の国に行かれる方はこのカードを作っても使えません。

他の方法があるので上のリンクにもあるこちらのページを確認してください。

 

 

マネパカードの手数料はほかのどの手段よりも安く済みます!

簡単に解説していくのでこの機会に作ってみてください!!

 

この記事を読むのにかかる時間:6分

目次

  • マネパカードとは?
  • 手数料はどのくらい安いのか?
  • その他の特長!
  • まとめ

 

マネパカードとは?



まず、マネパカードにとはマルチカレンシープリペイドカードです!

 

と、言われてもしっくりこないかもしれません。

マルチカレンシーとプリペイドの2つに分けて考えましょう。

 

 

  • マルチカレンシーとはこの1枚のカードで

該当する通貨すべてが使えるということです。

(事前に日本円から該当通貨に変換しておく必要があるので

クレジットカードよりは面倒ではあります)

 

 

  • プリペイドとはクレジットカードと違い、

カードにチャージした分しか使えないというのが特徴です。

 

 

つまり、簡単に説明すると、日本にいる間に

日本円をカードにチャージしておき

それを行先きの国の通貨に換えておきます。

 

 

現地ではカードにチャージした分をクレジットカードのように

カード払いもできるし、現金が必要な時は現地のATMで下すこともできる

超便利カードなのに手数料がとても安いので最強のカードといえます!

 

 

事前にカードにチャージした日本円を外貨に換えてから使う、

という順序なのでクレジットカードとは違い、

自分の好きなタイミングで一気に外貨に交換することができます。

 

 

つまり、自分で円高の時を見計らってお得に両替できるというわけです。

 

 

 

手数料はどのくらい安いのか?

 

手数料が安いとはどのくらい安いのか?

 

 

カードとして使うならかかる手数料は外貨に交換する時のみです。

クレジットカードと比較してみましょう。

 

 

クレジットカードではVISAやMasterの定めるレートに

カード会社の定めた為替手数料(基本的に1.63%)を上乗せる形になるのに対し、

マネパカードはマネーパートナーズの定めるレートに

一定のコストを加えたレートでの額で両替することになります。

 

 

この一定のコストというのが安く、

クレジットカードのの手数料の約半分となります!

 

はっきり言ってめちゃくちゃ安いです!

 

 

例えば、実際の2017年6月12日のレートの時に

1000$分(約11万5千円)を使った場合の例で見てみると、、

 

  • クレジットカードの場合

一般的なクレジットカードのレートが1$=111.504円で、

為替手数料1.6%なので、111.504の1.6%は約1.848円なので、

手数料は1,848円となります。

 

  • マネパカードの場合

クレジットカードのレートに独自の手数料を上乗せし

マネパカードの両替レートが112.485円となります。

 

これより、手数料はレートの上乗せ額(112.485-111.504)

に使った分の金額を掛ければいいので、

0.981×1000=981円となります。

 

結果を見ての通り、マネパカードの手数料はクレジットカードの約半分となります!

 

 

 

ちなみに、海外へお金を持って行く方法として、

代表的なものに、クレジットカード、国際キャッシュカード、

空港などでの現金両替、などがあります。

 

 

マネパカードを含めて、これらを手数料の安い順にランキング形式にすると、

 

1マネパカード

2クレジットカード

3国際キャッシュカード

4空港などでの現金両替

となります。

 

 

手数料の安さ2位のクレジットカードのさらに半分の手数料で済む

マネパカードの優秀さが分かりますね!

 


その他の特徴!

 

その他の特徴として

  • カードを紛失してもネットですぐにカードを止めることができる
  • 年会費無料
  • 与信審査がないので誰でも作れる
  • カードショッピング保険で購入した商品の盗難・破損を50万円まで保証してくれる

などの様々な特徴があります。

 

 

 

まとめ

 

 

アメリカ、EU圏、イギリス、オーストラリア、香港に行かれる方は

今回紹介したマネパカード1枚ですべてOKです!

(予備用のクレジットカードを持って行くことはおすすめします)

 

 

カード使いでも現地ATMで現金を下ろすにしても

他の手段より手数料が安いのでお得にお金を持って行くことができます!

 

 

年会費も無料ですし、この機会に1枚作ってみてください!

詳しいことは下のバナーから公式ページへ飛んで確認してみてください!



 

 

-留学の本音・実態

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

語学学校の魅力・楽しみの1つであるアクティビティ・イベントにはどんなものがある?

  語学学校は勉強するだけの場ではなく、 友達を作る機会やその土地や文化について 理解する機会を与えてくれる場でもあります。     その学校が与えてくれる機会として、 …

日本人ってやっぱりシャイで消極的なの?発言しなさ過ぎて先生ブチギレ!

  日本人は外国人と比べるとシャイで消極的、 というイメージがなんとく世界的にあります。     もちろん日本人にもシャイでなく、 とても積極的な人もいますが、 やはり、 …

日本人同士の英会話は意味あるの?

    留学中に日本人と会うことも多いと思います。     意識の高い人たちだと、日本人同士でも 英語で会話をすることがあります。     …

語学学校のクラス分けテストの内容と難易度は?対策法はある?

    語学学校に入学する際に必ず行うことは クラス分けのためのレベルチェックテストです。 このテストの結果によって今後所属するクラスが変わってきます。     …

海外での出会いはどこにでもある!

    カナダ留学中に過ごしていて 思うことがあります。     日本と比べて出会いの数が多いです。     今回は海外留学中に感じた、 外 …

筑波大学在学中の大学生。カナダのバンクーバーで9か月間の留学を経験。多くの日本人留学生、様々な国の人と接する中で感じたこと、気づいたことを日々執筆中。

・留学の本音、実態

・外国人や海外に関するネタ

主にこの2つの内容を中心としたサイトです。