5分で読める留学と海外のあれこれ

1記事約5分!留学の本音、外国人や世界に関する情報を紹介!

留学の本音・実態

最悪なシェアハウスメイトたち【私の経験談】

投稿日:2017年10月16日 更新日:

 

 

留学などで海外に住むことになると、

お金を節約するためにシェアハウスに

居住することはよくあります。

 

 

そのシェアハウスを決めることにおいて

最も重要なことはシェアするメンバーを

事前に把握することなのです。

 

 

しかし、それができないと嫌な人たちと

シェアしなければならない羽目に

なってしまうこともあります。

私がそのいい例でした。

 

 

今回は、私が実際にカナダで経験した、

最悪なシェアハウスメイトたちについて

話していきたいと思います。

 

この記事を読むのにかかる時間:5分

目次

  • 2人のモンスター
  • なぜその家を選んだのか?
  • まとめ

 

2人のモンスター

 

私の住んでいたシェアハウスは自分を含め

3人でシェアをしていました。

そこで会った2人のモンスターについて紹介していきます。

 

 

➀臭いモンスター

  • 21歳男子大学生
  • 中国出身
  • オンラインゲームばかりやっており、部屋から中国語がよく聞こえてくる
  • そしてめちゃくちゃ臭い

 

 

その男が自分の部屋から出て、

キッチンやトイレを使うと

その場所が最低10分は臭くなります(笑)

(彼の臭いが残りるということ)

 

 

一度、彼の部屋を見せてもらったことがありますが、

物はひどく散らかっていて、夏前なのに暖房をつけ、

喚起を全然していませんでした。

 

 

彼自身の臭いと、部屋に蓄積された彼の臭い・ゴミの臭いが

湿気によって増していて、まさにあれは「臭いのフルコース」でした(笑)

 

 

彼と初対面時に握手をしたときに手が汗ばんでいて、

「うっ、、気持ち悪い」

と思ったことは今でも忘れません。

 

 

 

②Theおばちゃんモンスター

  • 80代前半のおばあちゃん
  • 中国出身
  • 中国語しか話せないのに、文句をたくさん言ってくる

 

 

この人は家のオーナーのお母さんで、

とても神経質な人でした。

 

 

例えば、私がキッチンのシンクに

洗い物を置きっぱなしにしていると

まだ洗ってない状況でどこかへ

片づけてしまうのです。

 

 

すぐに洗わないのは自分にも非がありますが、

何も言わずに人のものに勝手に触り、

どこかにしまってしまうのです。

 

 

またある時、まだ中にピザの残っている

宅配ピザの容器をキッチンに置いておいたら

それを空だと勘違いしたのか

ゴミ箱に捨てられたのです。

 

 

さすがにこれにはキレそうになりました(笑)

 

 

そして私から宣戦布告し口論が始まりました。

 

 

おばあちゃんは中国語で、私は英語と今まで使ったことの

ないくらいオーバーなハンドジェスチャーで戦いましたが、

話し合おうにもお互いに相手の言語を全く理解できないため、

決着はつかず後味の悪い戦いとなりました。

 

 

実りある結果とはならなかったのです。

 

 

また、普段からキッチンやバスルームを

キレイにしろと、私の理解できない中国語で

ガミガミ説教口調で注意してきます。

(中国語は理解できないものの口調などは察することができます)

 

 

臭いモンスターに耐えることは

できましたが、このおばちゃんは

もう顔を見るのも嫌になる人でした。

 

 

さすがにストレスフルな生活にも

嫌気がさし、結局5か月間過ごして、

その家を去ることに決めました。

 

 

なぜその家を選んだのか?

 

ホームステイでの1か月が終わって

留学生活の2か月目が始まった頃

僕はこのシェアハウスに住み始めました。

 

 

この物件はインターネットで見つけ(ネットで探すのが一般的)、

実際に家の見学にも行って決めたものです。

 

 

その家には3部屋(プライベートルーム)あり、

リビング、キッチン、トイレ、風呂を

共有することになっていました。

 

 

部屋はキレイで広く、家賃も手頃で

あったため住むことに決めたのです。

 

 

ただ、シェアをするメンバーを

まだこの時は知りませんでした。

 

 

事前にシェアメイトを確認することは

難しいことが多いので仕方なかったのですが、

まさかこの家で2人のモンスター

会うことになるとは思ってもいませんでした。

 

 

 

まとめ

 

 

シェアハウスは一緒に住む人たちによって

自分の生活が左右されます!

 

 

友達の中には現地のカナダ人と

暮らしている人もいます。

 

 

これは、英語を学ぶという環境において

最高なシチュエーションですよね。

 

 

それに対して、私がシェアハウスで数か月一緒に暮らしたのは

「臭いモンスター」と「The おばちゃんモンスター」。

 

 

このような悲惨なシェアハウスに

住むことのないようにするには、

事前にシェアメイトの情報を

確認する努力は少なくとも必要です。

(実際に難しいこともあるので

こういった言い方になりました。)

 

 

 

 

-留学の本音・実態

執筆者:


  1. […] ひどいものでした。詳しい内容はこちら […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

海外へお得に現金を持って行く方法

    他の記事でも紹介した通り、 基本的に海外で現金を使う機会はありません。 私の知っている限りでは、 シェアハウスやホームステイの家賃を払うときくらいです。   &n …

カナダで有名な食べ物「プーティーン」とは?

    カナダの有名な食べ物といえば「メープルシロップ」 くらいしか思い浮かばない人がほとんどでしょう。     しかし、他にもPoutine(プーティーン)と …

海外に持って行くならコレ!最強のクレジットカード!

  海外旅行や留学、海外に滞在するならどんな状況でも クレジットカードを持って行くことが必要です。 (これに関しては他の記事で理由を話します。)     しかし、実際にク …

みんな知らない!?留学に持って行くと意外に便利なもの5選!

  留学に持って行くものはいろいろありますよね。 留学エージェントを使っている人は留学前準備セミナーなどで パスポートなどの基本的なものから洗濯ネットなどの日用品まで 様々なものを持って行け …

バンクーバーの裏事情:実はホームレスの町⁉

    バンクーバーは世界的にも有名な観光スポットの1つであり、 世界の住みやすい街ランキングで常に上位に ランクインしているとてもイメージのよい町です。   &nbsp …

筑波大学在学中の大学生。カナダのバンクーバーで9か月間の留学を経験。多くの日本人留学生、様々な国の人と接する中で感じたこと、気づいたことを日々執筆中。

・留学の本音、実態

・外国人や海外に関するネタ

主にこの2つの内容を中心としたサイトです。