5分で読める留学と海外のあれこれ

1記事約5分!留学の本音、外国人や世界に関する情報を紹介!

外国人や海外に関するネタ

外国のチップ制度の実態

投稿日:2017年10月25日 更新日:

 

 

日本との最も大きい文化の違いの中の一つに、チップ制度があります。

 

 

日本人はチップに関して、馴染みがないので、

どのくらい払えばいいのか、

払ったチップは誰が受け取るのか

など様々な疑問があるかと思います。

 

 

今回は、そんなチップ制度について

話していきたいと思います。

 

この記事を読むのにかかる時間:5分

目次

  • チップとは?払うべき金額は?
  • 払ったチップは誰がもらうの?
  • まとめ

 

チップとは?払うべき金額は?

 

チップとは、

自分に対応してくれるレストランの店員さんの

サービスに対しての対価のことで、

払う必要のあるお金のことです。

 

 

以下のように考えると分かりやすいでしょう。

 

 

〝レストランなどのメニューに書いてある値段は

食べ物や席の料金などであり、

店員さんのサービス料金は含まれていない。

 

そこで、そのサービスに対する支払いとして

チップ制度というものがあり、

これは任意ではなく基本的に払う必要があるものだ。’’

 

 

基本的には、

食べ物の合計代金の15%

を払うのが一般的です。

 

 

基本的というのは、店員さんの愛想がよく、

しっかり食べものを運んできてくれて

自分の要求にしっかり対応してくれる時

のことを言います。

 

 

逆に、自分が不快になるようなサービス

(例えば、不愛想であったり、自分が頼んだことをしてくれないなど)

を受けるときもあるでしょう。

 

 

そういう時は、そのサービスの悪さ度合いによって

チップを10%に下げたり、払わなかったりと

自分で調整することができます。

 

 

一方、とてもサービスが良ければ

20%払うこともあるでしょう。

 

 

ここで、注意するべきことが2つあります。

 

 

1つ目は、

既にチップがレシートの請求額に含まれている

場合が稀にあることです。

 

 

この場合は追加で払う必要はありません。

払う前に確認して、払いすぎないようにしましょう

 

 

2つ目は、

ファストフードでチップを払うべきかどうかということです。

 

 

ファストフードではチップを払う必要はありません。

 

 

店員さんは対応してくれますが、

それはレジでの注文の時だけです。

払う必要がないといえます。

 

 

たまに、クレジットカードで払うときに、

チップを払う画面が出てくるファストフード店

があるのでそこには注意が必要です。

 

 

私も海外に行って間もない頃は、

このことを知らずに、ファストフードでも

15%のチップを払ってしまった

経験がありますし、払っている日本人を

何人も見たことがあります。

 

 

 

払ったチップは誰がもらうの?

 

店員さんがそのままもらうことができるのか、

それとも、会社やオーナー側がもらうのか。

 

 

これは、

店員さんたちがもらうことになります。

 

 

海外のレストランはだいたい

テーブルごとに対応する店員さんが

1人決まっています。

 

 

なので、基本的には

同じ店員さんが対応してくれる

ことになるのです。

 

 

しかし、お客さん目線だと対応してくれた人に

払ったチップも、実際には全スタッフで共有されるのです。

 

 

つまり、彼らは給料に加えてチップも手に入れることができますが、

それはシェアされるので基本的に給料に加算されるチップ額は

全員同じということになります。

 

 

そして、店員さんたちにとってこのチップは

ただのおまけ程度ではなく、大きい存在なのです。

 

 

なぜなら、最低賃金が低く設定されている場所で

働くと、チップを手に入れられなければ

とても安い給料になってしまう事があるからです。

 

 

例えば、アメリカの最低賃金は

州によってもちろん違いますが、

基本的に10ドル弱です。

 

 

これならまだよいのですが、

ジョージア州やワイオミング州は

なんと最低賃金5.15ドルなのです。

(2017年現在)

 

こういった場所では、チップの重要性が

かなり高いといえるでしょう。

 

 

 

まとめ

 

 

チップとはメニューに書いてある料金とは別に

店員さんのサービスに対して払うお金で、

基本的にはレシートに書いてある金額の15%です。

 

 

ここで、注意するべきことは、レシートに

既にチップが含まれていないかを確認するのと、

ファストフードでチップを払う必要はないことです。

 

 

そして、お客さんが払ったチップは、

均等に分けられて、店員さんたちの給料に

加算されることになります。

 

 

また、場所によってチップが働き手にとって

とてもな収入源となることもあるため、

お客さんは払う必要があるのです。

 

 

 

 

-外国人や海外に関するネタ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

盗難多すぎ!!海外ではマジで気をつけろ!

  「海外は日本と違って治安が良くないから 自分の持ち物には常に気を配れ!」 よく見聞きするフレーズだと思います。     しかし、分かったつもりでも意外と 海外に行って …

アメリカ・カナダにはゴミ箱がたくさんある!?

    コンビニやファストフードで買った食べ物のゴミの 捨て場に困ることは日本でよくあることです。 そんな時、捨てるのに困りますよね。     日本ではゴミ箱は …

日本人ってやっぱりシャイで消極的なの?発言しなさ過ぎて先生ブチギレ!

  日本人は外国人と比べるとシャイで消極的、 というイメージがなんとく世界的にあります。     もちろん日本人にもシャイでなく、 とても積極的な人もいますが、 やはり、 …

ムスリム女性とは握手もダメ!?

    旅先や留学先でムスリム女性を見かけることはよくありますし、 日本で見ることも最近は増えているように感じます。     私もカナダに留学してた頃、学校に何 …

カナダの治安っていいの?カナダの銃制度について

    アメリカで銃を持てることは誰でも知っていますが、 お隣のカナダに関しては知らない という人は意外に多いかと思います。     日本人が留学先や観光として …

筑波大学在学中の大学生。カナダのバンクーバーで9か月間の留学を経験。多くの日本人留学生、様々な国の人と接する中で感じたこと、気づいたことを日々執筆中。

・留学の本音、実態

・外国人や海外に関するネタ

主にこの2つの内容を中心としたサイトです。